典型的なインプラント治療

インプラントとクラウンがどうちがうかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラント治療が候補となります。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスが必ず求められます。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってちょうだい。放置すると炎症が広がるので早急に診察をうけましょう。歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。
治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてちょうだい。
典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
このため、インプラント治療を初めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてちょうだい。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼすべて保険適用外です。
保険が聴けば治療をうける方の数も増えるかもしれません。それでも保険適用外なのはインプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかると共に、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。
これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。どんな問題がインプラント治療にあるかをさまざまな情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。それは気にしないでちょうだい。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。検査で問題になることはまずありません。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してちょうだい。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップ(ダンスをする際の一連の動き方をいいます)に進むための条件です。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害するはたらきをします。インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。

Categories: 毎日の徒然21